--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/06/2007    5/4~6 自転車編
まず、
個人的な意見。
安全のために、
雨が降ったら
出場(試走)しない方がいいと思いました。


5月5日(土)
しらびそヒルクライム サイクリングに行ってきました。
(当初ルートは落石により下山ルートを今年は使用)
スタート地点  ここが集合&スタート地点 山崎建設駐車場。
地面は砂地でいきなり傾斜でスタートですので、ギア比 注意ですね。
DSC01205.jpg DSC01206.jpg DSC01207.jpg DSC01208.jpg
登り始めて少しの距離は綺麗なアスファルトの2車線ですが、しばらくすると
少しヒビの入ったアスファルト1.5車線ほどに。

大きな木の看板「鷹野家」が見えあとに来る、ヘアピン。
DSC01216.jpg    ここまで、サイクリングペースで約6分。レーススピードなら半分くらいか?
DSCN2439.jpg DSC01220.jpg     上から見るとこんな感じ。

1km毎に、残りの距離が書かれた看板もあります。
    << 中 略 >>
同じ様な木々の中を潜り抜けて・・・・
運がよければ、私みたいにカモシカと遭遇することも出来るかも。

7.6km地点、体験クラスのゴール地点。約40分、レースなら20~30分?
体験クラスゴール地点 右にカーブして登っていきます。

法面落石の復旧箇所その1。
DSC01257.jpg DSC01259.jpg        ここを通過すると、
路面のアスファルトに縦の亀裂もあります。
そして、ガードレールもボコボコに・・・。
路面・小石に気をつけて。石の特徴的に上に乗ると切れますね。
DSC01262.jpg 残り約3km。
やっと、ハイランドしらびそ のロッジが前方に見えてきます。
DSC01265.jpg    もう一ヶ所 法面落石の復旧箇所あり。
ロッジが見えてからが、意外に長く感じたのは・・・落石が恐かったからかも。。。。

 場所は前後すると思いますけど、
20070506235107.jpg
  (402KB - 3000 x 676)
コースの一部。落石でガードレールぼこぼこ・・・。
撮影中も時折、鈍い音が響くことが。


残り700メートル ここより一気に勾配がかわります。
距離は、あと700m!
工事箇所もあるので、登り口狭いです。 
(この箇所の工事、H18.8/18~H19.7/31、長いね~。)
しらびそ峠にて   左側には、標高1833mの「しらびそ峠」

頂上のロッジにて   標高1918m 頂上のロッジにて。

  おつかれさまでした。

以上、このようなコースでした↓。
コース図      このクネクネ感は正確な感じです。


残念なのは、
登ってきてやっとこさ見渡せる 南アルプス南部の山々の景色。(228KB - 2000 x 313)
南アルプス南部の山々

4月下旬にあった土砂崩れがなく、本来予定コースだったなら
勾配がきつくとも南アルプスの山々をもっと見ることも出来たのに・・・。

勾配・傾斜・距離もまったく異なる今年の緊急対処コース。
最後の700mを除けば 傾斜は変わらないと言ってもいいので
もくもくと頑張りましょう^^b。





* * * * * * * * * * * *
ヒルクライムスタート地点へ登る入口の上流2km地点にある
大島河原カントリーパークオートキャンプ場
(トイレ・更衣室?・シャワー(200円)が管理棟に完備)(大島河原河川公園)
駐車場からを7:00過ぎで出発。
au携帯アンテナ、圏外~1本;_;

登り始めから集合START付近

大鹿村分岐地点(7.6km)

残り2~3kmで少し傾斜がかわる以外はダラダラ登り。
平坦・下りはなし。
乗鞍みたいにコーナーの内側が傾斜があるところはなし。

走っていると、シカの群れ4組ほどや、屍(集合・start場所付近にて、下山時には片付けられてました)にも遭遇出来ました。
1kmごとに残り?kmとの看板もありがんばれる?ようになってます。

登っているときにすれ違ったのは、ランドナー2人が下ってきただけ(8:00am頃)

一番の傾斜は、残り0.7kmでのしらびそ峠を左手に見てからの最後の坂で脚に来ました。

3~4年前乗鞍1h50m台の私の参考にならないタイムは、
16.84km(駐車場より)
1h28m(〃)
av11.4km/h(〃)
足は着かなかったけど、撮影しながらです(笑)

頂上の携帯は圏外(au)~1本

もうお腹いっぱいです^^;

10時前下山開始。
頂上に1時間半いたけど登ってきたのはバイクと自動車のみ。
自転車は私のみ。

下りは撮影しながら、バイクの上りでも下りでもコーナーでインを突いてくるのにヒヤヒヤしながら下山

残り1/5の所(10:40過ぎ)で2人続けてロードバイク乗りにやっと遭遇

おしまい。
Secret

TrackBackURL
→http://shiina417shiina.blog46.fc2.com/tb.php/445-197a907c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。